ブランパンのオーバーホール料金表

watch statue

このページでは腕時計業界の最新の話題から私個人が気になっていること、身の回りの話題から音楽の話まで、特にジャンルを定めずに色々話していきたいと考えています。

時計を売るか直すか

時計
高級時計というものはリセールバリューが高く、資産価値の消費が少ない資産と言われています。

特に最近は全体的な買取相場や中古販売相場が高騰傾向であるため、特に中国などでは資産運用の一環として投資目的で購入する方も多いようです。
むしろ初めから転売する目的で購入する、投資というよりは投機的な動機で購入する消費者も増えているとか。

私は常々思うのですが、カテゴリーこそアクセサリーではありますが、高級時計との付き合い方というのはむしろ不動産や車に近いと思うのです。
単純に価格帯が接近しているためかもしれませんが、どれも中古市場が発達していて一括査定という売り方があったり、定期的なメンテナンスが必要である点などが似ています。
そうして並べてみると高級機械式時計というのは手軽なもので、故障や異常が見つかっても即座に住むのに困ったり移動の手段が無くなったりすることはありません。
時間を知ろうと思えば今時誰だって携帯電話かスマートフォンを見れば良いのです。
しかしだからこそ個人的には「最もメンテナンスに明確な意思が求められる資産」だと思うわけです。 オーバーホール料金が気になるなら箪笥の肥やしにしてしまうのだって一つの選択です。
自動車の車検と違って期限もありませんが、じっくりと向き合って手をかけてやる、ある意味贅沢な選択ができるのも高級時計の醍醐味だと思います。

とまぁ色々と調子の良い事を書きましたが、私は一度愛用していたブランパン フィフティファゾムスの修理が必要になった際にオーバーホールせずにそのまま買取査定に出したことがあります。
というのもオーバーホール料金と言うのはご存知の通り高額で、例えば日本ロレックスでオーバーホールを依頼すれば4万5千円~6万円基本料金でかかります。ちなみに下記がブランパンのオーバーホール料金表です。

モデル名
(機能)
オーバーホール基本料金 
 革バンドモデル  ブレスレットモデル
2針・3針 ¥73,500 8,750
『タイムゾーン』
『フルカレンダー』
『ムーンフェイズ』
『レトログレード』
¥84,000 \89,250
『クロノグラフ』
『フライバッククロノグラフ』
¥84,000 \89,250 
『パーペチュアルカレンダー』
『スプリットセコンドクロノグラフ』
『イクエーション』
『アラーム』
『トゥールビヨン』
『ミニッツリピーター』
要見積もり 要見積もり
<出典:TANAKA ウォッチギャラリー>

ブランパンは老舗だけあって料金も相当なものです。 そして買取査定の際は事前にOH料金を支払って完動品として売却するよりも、キズや故障はそのままの状態で買い取ってもらった方が高額査定となるのです。
意外と知られておらず、修理工房と買取店の組み合わせ次第では万が一事前にオーバーホールをした方が高価な査定金額がつく場合もあるのかもしれませんが、覚えておくと便利な豆知識です。特にブランパンのようなブランドの一般修理料金はあまり修理店ごとの差がありません。

当時新しくIWCのアクアタイマーを購入しようか悩んでいた時期だった私は思い立って買取してもらいました。正直ロレックスなどのブランドに比べるとリセールバリューが劣り、購入価格と中古品としての買取価格の落差が激しいブランドでもあるので、今でも少し、当時の判断が正しかったのか悩むところではあるんですが…皆さんもオーバーホールは大事ですが、買取と同じくタイミングが重要です。賢く各種サービスを利用するのもオーナーの嗜みというやつです。

ブログ一覧


インフォメーション

information image

サイトのリニューアルを行いました。 今までは主に音楽やラジオの話が中心のサイトでしたが、現在は主にブランド腕時計の買取に関する話題を中心に扱います。
Site was Renewal.
No longer space radio net deal only topics of radio and music but brand watch, brand bag, accesaries.

ブランド時計(メーカーリスト)