ブライトリング買取に強い時計買取店

watch statue

ブライトリングの日本正規代理店でブライトリングの時計を購入することによりオーナー限定の「クラブ・ブライトリング」に加入することができます。「クラブ・ブライトリング」は様々な特典がありブライトリングファンには人気です。
breitling has very long history from 1864.

ブライトリングの時計を高値で買取してもらうには。

ブライトリングといえば飛行機乗りのプロフェッショナルのための計測ツール、というブランディングが浸透しているせいか、プロフェッショナルのためのカメラであるライカと同じようなブランドポジションを保っている気がします。

私は父の形見のライカのカメラを持っています。古いフィルムカメラでもう全く使っていません。写真は父譲りで趣味の一つですが、愛用しているのはリコーデジイチです。ライカがブライトリングなら、リコーはシチズンでしょうか。

一年に一度、そのライカのカメラを取り出し、風に当て、チェックだけはしています。フィルムの一眼レフカメラが出る前の最高級カメラの一つであったニコンのS3です。まだ覚えておられる方が多い、Fシリーズの前のシリーズです。

購入価格は、昔の事で分かりませんが、レンズも標準、広角、望遠の3本あり、相当な額だったと思います。おそらく30万円程度はしたでしょうか。最近中古でも40万円くらいで売られていますし、買取り額でも15万円はくだらないとおもいます。

今年、虫干しでチェックした時、レンズにカビはなくOKでした。しかし、フィルムの巻き上げ部が、スローでシャッターを切ると戻りが悪く、油がこびりつきだしていることに気付きました。 時々お世話になっている、街のカメラ店に出かけて相談しました。このお店では中古カメラの買取もされています。カメラ店のご主人は、分解修理を勧められました。費用は8千円程度掛かるけれど、大切な形見なら今修理しておいたほうが良いと言われました。

万が一、手放す場合も、買取価格はこの状態では、結局分解修理費用分だけ下がるので、修理不能な時代になる前にしておいた方が良いと言うのです。
このカメラ店は修理を取り次ぐだけで、そんなに儲かるわけでもなく、ご主人は親身で言ってくれているのが分かります。勧めに応じて、手遅れにならぬように、修理してもらいました。
ちなみにカメラ屋の主人が使っている腕時計はブライトリングによく似たタグホイヤーです。明らかにクロノマットを意識したモデルのようです。本家のブライトリングに買い替えするよう説得していますが、今のところは受け入れてもらえていません。

ライカのカメラの修理後は、快適なフィルムを巻き上げるメカの感触が心地よく、一度使って見たいと思い、フィルム1本分を撮影し、例のカメラ店に持ち込んで、カメラと写真とブランド腕時計談義に花を咲かせました。


ブライトリングの主な機種

ブログ一覧

インフォメーション

information image

サイトのリニューアルを行いました。 今までは主に音楽やラジオの話が中心のサイトでしたが、現在は主にブランド腕時計の買取に関する話題を中心に扱います。
Site was Renewal.
No longer space radio net deal only topics of radio and music but brand watch, brand bag, accesaries.

ブランド時計(メーカーリスト)