オメガ買取に強い時計買取店

watch statue

オメガはオリンピックとともに歩んできた時計メーカーとして有名だ。
初めてデジタル表示を採用した1956年のメルボルン大会の計時には、半自動水泳計時装置“スイム・エイト・オ・マテイック・タイマー"を導入した。
これは8人のスイマーがほぼ同時にゴールインした場合でも、正確な計測と識別が可能になるという画期的な機能を持ったシステムであった。
その4年後に行なわれたローマ大会では、初の電光掲示板が登場し、室内自転車競技では自動計測装置が使用されている。
続く1961年には、テレビ画面に計時時間を表示することができる電子式クロノグラフ・オメガ・スコープ"が開発され、これまで舞台裏で行われていたスポーツ計時が、突然、テレビ画面に映し出されることになり、計時に決してミスが許されない時代を迎えたのだ。
このような過去の希少な計時システムを買取することができたらどれほどの価値があるのだろうか。
オメガの買取をするときには歴史に思いを馳せてそのようなことを考えてしまうことも少なからずある。
オメガの買取に際しては専門業者を利用することをすすめる。
オメガの買取・一括査定サービスでは複数のプロが中古時計1本ずつをしっかりと状態確認して買取価格をつけるからである。
おおよそではなく本当の価格が問題になるのだ。

オメガの時計を高値で買取してもらうには。

メキシコ大会を目前にした1967年、オメガはカナダのウィニペグで開催されたパンアメリカン水泳競技会で各コース毎にイエローの大きなタッチパネルを取り付けた。 このイエローのパネルこそが、スイマーが手でタッチするだけで反応し(水しぶきでは反応しない)、スイマー自身が計時カウンターを作動させることができる“スイム・オ・マティッグである。 いまでこそ見慣れた光景だが、この装置が衝撃的にデビューしたおかげで、競泳のゴールの問題を1000分の1秒という正確さで掲示することで見事に解決し、審判員と計時係との絶え間のないトラブルを払拭できたのである。

オメガの主な機種

ブログ一覧

インフォメーション

information image

サイトのリニューアルを行いました。 今までは主に音楽やラジオの話が中心のサイトでしたが、現在は主にブランド腕時計の買取に関する話題を中心に扱います。
Site was Renewal.
No longer space radio net deal only topics of radio and music but brand watch, brand bag, accesaries.

ブランド時計(メーカーリスト)