ロレックス買取に強い時計買取店

watch statue

ロレックスはここしばらくの間、大量に新品が日本に輸入されてきました。 そのロレックスが2008年あたりから海外へ多く還流するようになってきました。 ロレックスの中古品は約半分が日本市場で再販売され、約半分が海外へ輸出されます。 ロレックスも最近は時計業界の潮流にあわせ大きなサイズの時計を作成するようになってきています。
海外へのロレックス輸出においてもっとも存在感のある地域が香港です。
香港は高級なブランド腕時計においてアジアのハブ的な役割を果たしており、新品の腕時計がアジア各地に輸入されるときは まずヨーロッパから香港に輸出されます。
それと同様に中古のロレックスが中古品としてヨーロッパに舞い戻るとき、やはり香港に一旦集められ、それらをヨーロッパのバイヤーが買い取りしていくという構図ができています。

ロレックスの時計を高値で買取してもらうには。

ロレックスの買取を日本で行う場合にポイントとなるのは以下の項目です。

  • ロレックス本体の状態(傷、汚れ、ムーブメントの調子)
  • ロレックスの国際保証書・純正品の有無(ブレスのあまりの駒やマニュアルなど)
  • どこで買取をしてもらうか(ロレックス買取店に目星をつける)
  • どのような手順で複数の店から査定するか(最終的な買取にいたるまでに相場をいかに把握するか)
基本的に日本においてロレックスの相場というものはそれほど大きく変動しません。なだらかに動きます。 しかしお店によって買取する値段は意外と差があるのが実情です。 想定のレンジ内でロレックスを買取することができれば時計店や質屋にとって再販はたやすいことです。 しかし、顧客から注文の入っているロレックスのモデルがある場合、一般的な買取よりも高くてもすぐにお店は在庫を欲します。 最近ではロレックスの一括買取査定というサービスが活発に使われるようになり、地方で地元に高価買取するお店がない場合でも簡単にロレックスを売却することができるようになりました。
これらネットでのロレックスなどの高級時計買取サービスはユーザーの利便性を高め、商品の流動性を高めることが期待されています。
ちなみにKaitorimamなどでは既に実績は13,000本を超えているとのことです。
つい数年前は高級腕時計をインターネットで物を見ずに買うというのが珍しいと思われていましたが、最近では時計の販売だけでなく買取もインターネットで当たり前のように行われていることにまさに隔世の感を覚えずにはいられません。

ロレックスの主な機種

ブログ一覧

インフォメーション

information image

サイトのリニューアルを行いました。 今までは主に音楽やラジオの話が中心のサイトでしたが、現在は主にブランド腕時計の買取に関する話題を中心に扱います。
Site was Renewal.
No longer space radio net deal only topics of radio and music but brand watch, brand bag, accesaries.

ブランド時計(メーカーリスト)